大容量ポータブル電源は日本ブランド「ENERBOX1300」で決まり!

ここ数年、車中泊・キャンプ・そして災害などによる停電対策としてポータブル電源が注目されています。

それに伴い各社のポータブル電源の性能が格段にアップしてきました。

私は、スノーボードで20年以上車中泊をしてきましたが、車内で電子レンジ・IHコンロ・電気ケトルなどの家電を使用出来れば、各段に車中泊が快適になるとの思いを長年持っておりましたが、従来はサブバッテリーなど30~40万円ほど予算が必要な設備だったので、今まで手が出ませんでした。

ところが最近では、10万円前後あれば電子レンジでも稼働させることが可能なスペックを備えたポータブル電源が購入できるようになりました。

私自身も3年前に最大300Wのポータブル電源をはじめて購入し、スキー場での車中泊で電気毛布を使用できるようになったことは画期的な変化でした。

そしてついに最終目的である車中泊での電子レンジ使用を可能にさせるために、高出力のポータブル電源を今回購入することにしました。

↓〈日本ブランド 安全・大容量リン酸鉄リチウム電池のポータブル電源〉

〈 目次 〉

購入するなら「リン酸鉄リチウム電池」一択

昨年までは、ポータブル電源の主流は「三元系リチウム電池」でしたが、最近は各社から「リン酸鉄リチウム電池」が次々と発売されています

「リン酸鉄リチウム電池」は「三元系リチウム電池」に比べ、安全性が高く寿命が長い所が特徴とされています。また、従来欠点とされていたエネルギー密度(保存された体積当たりのエネルギー量)も向上し、「三元系リチウム電池」のエネルギー密度にかなり近づいてきております

これらの理由から、今後ポータブル電源を購入するなら「リン酸鉄リチウム電池」一択ではないでしょうか。

少なくとも性能に大差なく価格が多少高い程度なら、安全性とサイクル回数4倍以上で長寿命(メーカにより表示が異なります)な点を考慮すると、ランニングコストで価格差は簡単に回収されると思います。

無骨なデザインがアウトドアや車中泊に最適

↓〈日本ブランドならサポートも安心。定格1300W最大1800Wの大容量ポータブル電源〉

私は大容量ポータブル電源を購入するにあたり、メジャーなブランドで電子レンジも使用できる大出力のポータブル電源をピックアップして比較をしました。

私が比較をしたブランドではJackry(アメリカ)とLACITA(日本)を除けば、ほぼ全て中国系のブランドであり、中国系メーカーの技術力に改めて関心しました。

ただ、今回の目的が車中泊での使用な為、ベットキットの下に収まるサイズ(高さ)②所有しているだけでテンションが上がるカッコイイデザイン③リン酸鉄リチウムイオン電池の有無に重点をおいて判断し、比較した中で最も高さ(240㎜)が低く、デザインが無骨でカッコイイ「LACITA ENARBOX1300」の購入を決めました。

また、色々と調べているとLACITAは日本ブランドならではの安心感やサポート・修理対応など充実などアフターサービスに力を入れていた点も長く使用する商品だけに最終判断に大きく影響しました。

商品到着後、直ぐに梱包を開けると…

実物は想像していた通りカッコイイ!

個人的な好みですが、他社のタワー型デザインや赤・黒ツートンデザインのポータブル電源がありましが、車載した時の事を想像すると、そのデザインに少しげんなりしてしまっていました。また、タワー型だとカーブで転倒してしまうのでは…とも少し思いました。

所有しているだけでテンションが上がるデザインかどうかは車中泊やキャンプで使用するツールとして大切なポイントですよね。

実際車載してみると高さもベットキットの下に十分収まり、なによりその姿がアウトドアとマッチしていて大満足

そして、ENERBOX1300の高さ(240㎜)がネットで調べた最小サイズの電子レンジの高さ(255㎜)とほぼ同じな点も今後車中泊で電子レンジを車載する際にレイアウトの幅を広げてくれそうです。

使用テスト(電気ケトル、ドライヤー、電子レンジ)

実際の車中泊使用を想定して電子ケトル、ドライヤー、電子レンジの使用テストをしてみました。

※各製品によって最大ワット数に違いがありますので、全ての商品の使用可否を保障するものはありませんので注意して下さい。

まずは、電気ケトルとドライヤー(ターボ)をENERBOX1300で使用テストしてみましたが、両方とも問題無く使用出来ました。ただ、電気ケトルの最大ワット数がENERBOX1300の定格1300Wを超えていたのでどうなるかと思いましたが、最大1800W以内なので無事お湯を沸かすことができました。

電気ケトル
ドライヤー ターボ

次に電子レンジの使用テストをしてみました。

600W,1000W 電子レンジ

まずは電子レンジで600Wで1分間マグカップを温めたのですが、使用電力が1000Wを超えていたに驚きましたが無事に温めを完了することが出来ました。

600Wでテスト

つづいて同じ電子レンジで1000Wでの温めテストをしましたが、こちらも問題なく温めることが出来ました。

1000Wでテスト

車中泊での使用を想定している小型の電子レンジは600~700Wの製品が多い為、車中泊での電子レンジ使用についても問題無いと思われました

↓〈三元系リチウム電池より全な リン酸鉄リチウム電池のポータブル電源〉

【番外編】水に強い!アウトドア向きのポータブル電源

当サイトで勧めている「リン酸鉄リチウム電池」ではなく「三元系リチウムポリマー電池」の商品になりますが、おそらく唯一水に強いポータブル電源であると思います。

水に強いとゆうだけでキャンプなどアウトドアでの使用に向いていると感じましたので、番外編として紹介をさせて頂きます。

また、車中泊者の目線でこの商品の感想としては、このサイズなら車種によってはシート間に置ける可能性もあるのでは?と感じました。

2台目のポータブル電源としてや、初めて購入する小型のポータブル電源として検討されてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
〈 目次 〉